インプラント DENTAL IMPLANT
歯を失ってお悩みの方へ

人は永久歯を失うと、残念ながら二度と生えかわってきません。

そのため、今までは『入れ歯』などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。しかし、『入れ歯』だと硬いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。

このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法『インプラント治療』をご紹介いたします。

インプラントとは

失ってしまった自分の歯の変わりに、人口の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人口の歯を作製して噛みあわせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

アストラテックインプラントは世界的な製薬、医療器具メーカーであるアストラゼネカ社によって開発された生体親和性に優れ、長期間安定して使用できる素材である純チタンを用いた歯科用インプラントです。1985年から開発に取り組み、現在その研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を得ています。

Before

After

インプラント埋入シミュレーション「シムプラント」とは?

■より安全・安心なインプラント埋入手術を行うために

シムプラントとは、インプラント手術前に行う3Dコンピューターシミュレーションシステムです。これは、CTにて撮影した画像を処理し、情報を立体的に把握することができるシステムで、より正確な診査診断が可能になります。また、骨のみならず、顎骨の中にある神経の状況を立体的に把握できるので、実際の手術の精度も格段に上がります。手術のシミュレーションもコンピューター上で行えるので、患者様に対しても、非常に解りやすく手術の経緯をご説明することができます

歯科医師の経験にプラスして、シムプラントといった最新のシステムがあれば、患者様の安全をより確かなものにすることができます。

インプラント治療の流れ STEPS OF DENTAL IMPLANT SURGERY

一般の診査を行った上で、患者様のインプラントに対する期待や

ご要望を取り入れながら治療方法を立案させていただきます。

歯周病、虫歯の治療をします。

一般的な健康上の問題点も解決しておく必要があります。

麻酔は局所麻酔のみで行われ、

フィクスチャーと呼ばれる人工歯根を埋入します。

フィクスチャーと骨とが結合するまで、約3ヶ月~6ヶ月待ちます。

その間治癒の進み具合もチェックします。

埋まっているフィクスチャーの頭を出し、歯肉を整えます。

この段階で外科処置は終わりになります。

約2~3週間待った後、人工の歯を接続する土台の為の型取り及び

人工歯(上部構造)の型取りをします。

フィクスチャーに土台と人工の歯を装着して、インプラント治療の完了です。

治療した箇所の調整や、今後のお手入れ方法などを指導します。

インプラント治療を完了したといえども毎日の管理は重要です。

インプラント DENTAL IMPLANT
歯を失ってお悩みの方へ
インプラントとは
■より安全・安心なインプラント埋入手術を行うために
インプラント治療の流れ STEPS OF DENTAL IMPLANT SURGERY
診療メニュー
インプラント DENTAL IMPLANT
歯を失ってお悩みの方へ
インプラントとは
■より安全・安心なインプラント埋入手術を行うために

〒471-0075

豊田市日之出町2丁目9-21番地

TEL:0565-31-7871

FAX:0565-31-9139

【診療時間】

9:00~13:00

15:00~20:00

(土曜のみ14:30~16:00)

【休診日】

木曜午前・日曜・祝祭日