顕微鏡歯科 傳DENTAL MICROSCOPE
顕微鏡歯科の特徴

顕微鏡(マイクロスコープ)を使った治療の大きな特徴は、肉眼では見えないものを3倍から30倍程度にまで拡大観察できるということです。これは何を表すかというと、肉眼や拡大鏡(ルーペ)を用いた治療も顕微鏡(マイクロスコープ)を使った治療と治療自体は同じものでも、肉眼では見えないぐらい小さなむし歯を発見すれば初期段階での治療が出来ますし、暗く狭い根管部分(歯の根の部分、神経が入っている管)も、顕微鏡治療では明るく拡大出来ますので、従来のレントゲンを参考にしながら経験と勘を頼りに施す治療とは大きな差が出ます

その他、肉眼では見えないぐらいの被せ物や詰め物のズレなど不適合部分から入り込んだ菌が、むし歯を発現させているということが少なくありません。

歯周病治療、型取り、インプラントなど、歯科治療のあらゆる分野でメリットがあります。

被せ物の適合が良くなり虫歯の再発がしにくいです 歯にできた細かい傷やヒビを確認できます 被せ物の適合状況によっては0.1mm単位で調整が可能です 小さな虫歯が発見されやすいです 歯と歯茎の間をしっかり診査できます 歯を最小限に削ることができます 自分の歯が多いので歯が長持ちします 細かな操作も丁寧に行えます
顕微鏡歯科のメリット
顕微鏡歯科は普及率が低い

日本国内は歯科医院数が7万件以上あります。この数字はコンビニエンスストアの2倍以上と言われています。国内にとても多い歯科医院ですがマイクロスコープを導入している数はごくわずかです。導入している歯科医院は全体の歯科医院数で5%以下と言われています。しかし、そんな事情と相反してマイクロスコープを利用したいとおっしゃる患者様が多くなってきました。歯に対する意識変化の現れで、どうせ治療するなら精密な治療をしたいと考える方が増えてきています。

根管治療

特にマイクロスコープの使用効果が発揮されるのが、根管治療です。根管治療とは、虫歯が歯の神経まで達している場合、根管(神経が入っている管)内の神経をきれいに除去し、無菌状態にして薬を充填する(詰める)治療のことです。

根管の形状はすべて異なり、湾曲していたり複雑に枝分かれしていますが、肉眼では見ることができません。しかし、根管内に細菌が入ったり、薬がきちんと充填されていないと炎症が起き、痛み、浮き、腫れ、膿が出る、などの症状が出ます。これらが確実に行なわれていないと、虫歯が再発する可能性が高くなり、抜歯せざるを得なくなってしまいます。技術を要し、時間もかかる治療ですが、自分の歯を残して長く使い続けるためには、根管治療がきちんと行われている必要があるのです。

そのためにも、マイクロスコープを使用して細部を確認しながら、洗浄・除菌を徹底することが重要となります。

従来は、経験や感覚を頼りにこの治療を行なっていたため、その精度には限界がありましたが、マイクロスコープの使用により、自分の歯を残すという選択が可能になったのです。

しかし、マイクロスコープを使用している歯科医院は、全国でも3%程度と少ないため、どの歯科医院でもこのような治療ができるわけではありません。

 

顕微鏡歯科 傳DENTAL MICROSCOPE
顕微鏡歯科の特徴
被せ物の適合が良くなり虫歯の再発がしにくいです 歯にできた細かい傷やヒビを確認できます 被せ物の適合状況によっては0.1mm単位で調整が可能です 小さな虫歯が発見されやすいです 歯と歯茎の間をしっかり診査できます 歯を最小限に削ることができます 自分の歯が多いので歯が長持ちします 細かな操作も丁寧に行えます
顕微鏡歯科のメリット
顕微鏡歯科は普及率が低い
根管治療

特にマイクロスコープの使用効果が発揮されるのが、根管治療です。根管治療とは、虫歯が歯の神経まで達している場合、根管(神経が入っている管)内の神経をきれいに除去し、無菌状態にして薬を充填する(詰める)治療のことです。

根管の形状はすべて異なり、湾曲していたり複雑に枝分かれしていますが、肉眼では見ることができません。しかし、根管内に細菌が入ったり、薬がきちんと充填されていないと炎症が起き、痛み、浮き、腫れ、膿が出る、などの症状が出ます。これらが確実に行なわれていないと、虫歯が再発する可能性が高くなり、抜歯せざるを得なくなってしまいます。技術を要し、時間もかかる治療ですが、自分の歯を残して長く使い続けるためには、根管治療がきちんと行われている必要があるのです。

そのためにも、マイクロスコープを使用して細部を確認しながら、洗浄・除菌を徹底することが重要となります。

従来は、経験や感覚を頼りにこの治療を行なっていたため、その精度には限界がありましたが、マイクロスコープの使用により、自分の歯を残すという選択が可能になったのです。

しかし、マイクロスコープを使用している歯科医院は、全国でも3%程度と少ないため、どの歯科医院でもこのような治療ができるわけではありません。

 

診療メニュー
顕微鏡歯科 傳DENTAL MICROSCOPE
顕微鏡歯科の特徴
被せ物の適合が良くなり虫歯の再発がしにくいです 歯にできた細かい傷やヒビを確認できます 被せ物の適合状況によっては0.1mm単位で調整が可能です 小さな虫歯が発見されやすいです 歯と歯茎の間をしっかり診査できます 歯を最小限に削ることができます 自分の歯が多いので歯が長持ちします 細かな操作も丁寧に行えます
顕微鏡歯科のメリット
顕微鏡歯科は普及率が低い
根管治療

〒471-0075

豊田市日之出町2丁目9-21番地

TEL:0565-31-7871

FAX:0565-31-9139

【診療時間】

9:00~13:00

15:00~20:00

(土曜のみ14:30~16:00)

【休診日】

木曜午前・日曜・祝祭日